ハロウィンイベント2022の様子

10月25日〜28日は、レインボーイングリッシュ久留米のハロウィンウィーク!期間中、楽しいハロウィンイベントを開催しました。このイベントは、みんなが楽しみにしている当スクールの一大イベントのひとつです。

イベントには、魔女やバンパイア、お化け、黒猫、プリンセス、アナと雪の女王のエルサやアナ、マイクラのクリーパー、Spay Familyのアーニャ、ポケンモンのリザードンなどなど、工夫を凝らしたとっても楽しい衣装で参加してくれました。

そして、「Trick or Treat!」と言いながら、お菓子をもらったり、工作をしたり、海外のゲームを楽しんだり。楽しいことがいっぱい詰まった楽しい時間をみんなで過ごしました。

レインボーイングリッシュ久留米のイベントは、楽しいのはもちろん、海外の文化を体験することで子どもたちの英語に対する興味も深まることも目的とし、毎回、先生達が知恵を絞って楽しいゲームを考えています。

今回のイベントでは、海外のパーティでも人気のゲームを二つおこないました。

ひとつめは、宝探し(お菓子探し)

イースターのエッグハントのハロウインバーション‘Spider Hunt(クモ探し)‘です。エッグの代わりに、クモキャンディーを作って、教室の中のいたるところに隠して、生徒さんたちが探し当てます。毎年、大盛り上がりで、先生達があれこれ知恵を絞ってなかなか難しい場所に隠すのですが、子供たちの洞察力には驚かされます。あっという間に見つけて次々にクモキャンディーをゲットしてゆきました。

 

ふたつめは、ピニャータ割り

ピニャータは、メキシコや他の中・南米のお祭りや誕生日などに使われ、中にお菓子やおもちゃなどを詰めた紙製のくす玉人形。そのくす玉人形を人形を吊り下げ、目隠しをした子供たちが棒でたたいて割っていくゲームです。目隠しをしているので、周りのお友達が方向を教えてあげます。無事にピニャータが割れると、みんな大喜び。中に詰めておいたお菓子が散らばるので、それを拾い集めて、バッグに詰めていました。

ハロウィンウィークのレッスンは、ハロウィンにちなんだレッスンを行いました。ビギナークラスのフォニックスの練習では、ハロウインに出てくる英単語を使ったフォニックスの練習をしたり、習ったセンテンスを組み合わせた練習をし、英語と外国の文化の両方を学びました。

小さいころから異文化に触れ、外国人の先生達とコミュニケーションをとり、英語を使いながら海外を意識して、将来、国際的な感覚を持った社会人になってくれたらいいな、と思います。これからも英語を異文化を楽しく一緒に学びましょう~!

まずは、無料体験レッスンへお越しください!

 

 

 

 

 

 

 

レインボーイングリッシュ久留米は、SNSアカウントでも情報発信中です!
Instagram
Facebook
Youtube
Twitter

 

関連記事

  1. ハロウィン・クラフトをしました!

  2. summerschool

    レインボー英語学童スクール【サマースクールの過ごし方2021…

  3. オンラインレッスンに切り替え中【2月15日より対面授業が再開…

  4. クリスマスのクラフト!

  5. 放課後を英語で過ごそう!

  6. teachers

    インターミディエイト(中級)クラスのご紹介